コラム

早期戦力化に欠かせない視点

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。

最近、人事部の方から「早期戦力化」に関する
ご相談を頂く機会が増えました。

「入社して10年以内にマネジャーにしたい」
「3年ではなく、2年、いや1年で一人前の人財に育てたい」
といったテーマです。

さて「早期戦力化」とは、どのような成長を遂げるといいのでしょうか?

以前、「成長とは何か」というコラム
https://shake.co.jp/column/columnist/ceo-column/post-158.html
でも書いたように、成長を考えるにあたっては、

1.出来ないことが出来るようになること
2.同じものを違う角度から見ることが出来るようになること
3.人間性の高まりや、人格が磨かれること

という観点があると考えています。

この時期、間もなく入社1年を迎える新入社員と研修で会う機会があります。

研修では「出来るようになったこと」や「出来なかったこと」を振り返り、
上司や顧客の視点から出来事を捉えなおしたりします。

これらは、上記の「1.出来ないことが出来るようになること」や
「2.同じものを違う角度から見ることが出来るようになること」における
成長につながる効果があります。

研修において、次のような発言をする新入社員がいました。

「尊敬できる先輩の話しか聞く気になれない」

他にも、今の仕事が自分のやりたいことではなかったことへの不満や
合わない上司への不満など「愚痴、不平、不満」ばかりで
前向きさをすっかり失っている人がいました。

このような人は、しっかりと現在の仕事や環境に向き合うことなく、
不満を言いながら転職していくことになるかもしれません。

人生100年時代、一度身に着けたスキルで一生食べていけることはありません。
AI時代において、知識やスキルはどんどんAIに置き換えられます。

そのような時代における「早期戦力化」を考えるにあたって、
欠かせない視点は、「3.人間性の高まりや、人格が磨かれること」
ではないでしょうか?

「心を高めること」と言い換えられるかもしれません。

SUUNTOIMGL4030_TP_V.jpg
  • 自分の価値観に沿って日々を過ごすことが出来るようになる
  • 自分の弱みをさらけ出せる
  • 人に感謝出来るようになる
  • 自分の覚悟や志が明確になる

といったようなことです。

心を高めることで、
困難な状況を成長機会に変えるだけではなく、組織へのエンゲージメントが高まり、
企業の競争力を左右することにもつながるでしょう。

研修で、受講者に対して「心」の話をしましたが、
多くの受講者が、しっかりと受け止めてくれました。

「尊敬できる先輩の話しか聞く気になれない」と言っていた受講者は、
「人を受け入れる心を持たないと、自分の将来がないことに気づいた」
との感想を言っていました。

先日、多摩大学大学院教授の田坂広志氏と数時間にわたって
お話をさせて頂く機会を頂きました。

年末に出版された
「なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか」(田坂広志著)
の内容についても議論をさせて頂いたのですが、
田坂氏は、心を高めるための具体的な技法として、
「深夜の反省日記」を推奨されています。

具体的には、一日を振り返り、自分自身の一日の心を見つめ、
「自分のエゴ」を見つめることです。

私自身、日常的に振り返りは行ってきましたが、
田坂氏とお会いさせて頂いたことをきっかけに、
日々、自分のエゴを見つめる振り返りを行うようにしました

「妬み、傲慢さ、恐れ、不安」といった心の動きを、夜中に
一人で見つめ、心の鍛錬をはじめました。

新入社員にとっても、本当に必要な成長とは「心の成長」。
特に、日本においては、昔から大事にしてきた視点ではないでしょうか。

世界で活躍するビジネスパーソンを一人でも多く輩出するために、
一人でも多くの新入社員にそのことを伝えていきたいと思います。

VIEW ALL NEWS

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

03-5213-6888

サービスやセミナー情報、採用に関してお気軽にお問い合わせください。

CONTACT