会社概要
ホーム > 人事勉強会 > 「管理職になる前に高めるべき能力とは?」

「管理職になる前に高めるべき能力とは?」


本レポートでは、従業員1000名以上の企業に勤務する管理職309名を対象に、
管理職になる前に高めておいた方がいい能力と、部下や最近の若手に足りないと感じる能力
について、どんな違いや特徴があるのか調査分析を行い、組織を牽引していく管理職を
育てるためのポイントを分かりやくまとめました。


【調査レポート】
大手企業の管理職300名に聞く
「管理職になる前に高めるべき能力とは?」

変化が激しい時代において、求められる管理職の役割も年々変化しています。
それに伴い、管理職が経験しえなかった知識やスキルを持つ部下を、統率する必要がある
時代となってきました。

マネジメントの原理原則を理解することも必要ですが、
それだけでは、今の時代に通用する管理職を育てることはできません。

現在、大手企業で働く管理職は、実際どのような能力を高めたいと感じているのでしょうか。
また、部下や最近の若手社員に対して、足りないと感じる能力とは何なのでしょうか?

激変する時代の中、企業が発展していくためにも、
ダイナミックに組織を牽引していく気概を持った管理職を育てていくことは必須と言えます。

本レポートを、貴社の管理職育成、若手、中堅社員育成のヒントとして、
是非ご活用ください。


==調査概要==============
インターネット調査
従業員1000名以上の企業に勤務する管理職309名が回答
調査期間は2015年8月27日から28日
====================
【調査レポート】管理職.jpg

◆目次
P.1~ 調査概要
P.2~ 管理職になる前に高めておいた方が良い能力
P.3~ 今現在、管理職自身が欲しい(高めたい)能力
P.4~ 部下や最近の若者に特に足りていないと感じる能力
P.5~ まとめ -組織を牽引する管理職を育てるために-

 

btn_go_dl.jpg


2015.10.01
一覧に戻る


トップへ