お電話でのお問い合わせ

03-5213-6888
資料ダウンロード
お問い合わせ
  • ウェビナー

2023年1月17日(火)13:10~14:00

新入社員配属直前、また配属後のフォローにおいて注意すべきポイント

新入社員のレジリエンスを高め、職場へのオンボーディングを強化する施策とは?

  • 新入社員
  • レジリエンス

2021年より2022年にかけて、新入社員育成を担当する人事様より、
以下のような問題意識をお伺いする機会が増えました。

〇新入社員もしくは2年目社員で「この会社は自分に合わない」という離職が増えた
〇職場でのリアリティギャップや仕事と本人意向の不一致に悩み、不安やメンタルの問題を抱える新入社員が増えた
〇配属希望が通らずに転職を考え始めたり、目の前の仕事にコミットできない新人が増えてきた
〇こうした問題に対して、職場での対応が不十分で、人事・育成担当者として何らかの施策の必要性を感じている

実際にマネジメント層の研修をしていても、マネジャー本人から多く聞こえるのは、
リモートワーク環境、もしくは様々なハラスメントリスクの恐れから、若手社員や新入社員と本音でコミュニケーションをとれていないマネジャーの育成への苦悩になります。

新入社員側も、目の前の仕事に一生懸命取り組んではいるものの、
自分に自信が持てず、自己効力感や成長期待が低いまま、悩んでいる方が
一定数いると感じています。

現場OJTの中で仕事を教え、成長を促すことはできていても、
新入社員の不安払しょくや疑問に寄り添うようなかかわりはなかなか難しい。
そのような中で、人事としては、何らかの支援できないものか?

本ウェビナーでは、「新入社員のレジリエンス(回復力)を高める」をテーマに
新人研修や新人フォロー研修として効果的な施策について
考えてまいりたいと思います。

※レジリエンスとは・・・困難な状況やストレスに上手く向き合い、適応し、安定的、持続的に力を発揮すること

新入社員がストレスやリアリティギャップとうまく向き合い、
ネガティブな感情に振り回されずにコントロールできるようなるために、
また、配属後も自分の経験や感情を客観的に振り返ることができるように
成長に必要な考え方を研修で学び、その後職場での経験に自ら意味づけをしながら、
学習を促す仕組みを、他社事例を交えご紹介させていただきます。

【今回のウェビナーのポイント】
●「自分に合うかどうか」を大切にする新人の配属への送り出しのポイントをお伝えします
●新入社員の離職を防ぐための施策のヒントをお伝えします
●新入社員のレジリエンスを高めるための具体的なプログラムをご紹介します

開催概要

「新入社員のレジリエンスを高め、職場へのオンボーディングを強化する施策とは?」
~新入社員配属直前、また配属後のフォローにおいて注意すべきポイント~

日時:2023年01月17日(火) 13:10~14:00
形式:オンライン開催
   ※「zoom」(インストール・ご利用ともに無料)を利用します
   ※お申込み後、参加用URL等をメールにて送付しますので、
   事前のご確認をお願いいたします。

※本セミナーは終了いたしました。

講師紹介

株式会社シェイク
塚本 あみ
大学卒業後、大手オフィス家具メーカーに営業職として入社。その後人事部門トップからのスカウトにより人事部へ異動、採用や人事制度構築のほか、階層別研修など社員教育業務に従事し企画から運営に携わる。その後、ベンチャー企業に転職し、採用部門の立ち上げや社内育成体系の構築を担う。シェイク入社後は、人事部門に所属し新卒・中途採用、人事制度の整備などの組織づくりに携わる傍ら、顧客の課題解決や受講者の行動変容を目的とした研修コンテンツの開発業務に従事。新人・若手向けの企業研修ファシリテーターとしても活動中。
メール・お電話での
問い合わせにつきまして
フォームから送信できない場合は、以下メールもしくはお電話にてご連絡ください。
開催予定のセミナー