コラム

「自覚」すること

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。

先日、学生から興味深い話を聞きました。

自分の母親と、「子育てにおいて最も重要な事は何か」について
議論したとのことでした。このような議論をしていること自体が、
珍しいことと思いますが、出た結論を聞いて、感心しました。

「親の一つひとつの言動が子供に大きな影響を与えていることを
 親自身が自覚すること

との結論になったようでした。

親が子供にかける言葉の一つ一つ、
親同士の会話内容や言葉の使い方、
親自身の仕事に対する取組み姿勢、等々、
その全てが子供に大きな影響を与えているのだと自覚している事こそが、
子育てにおいて、最も重要だというのです。

感心すると同時に、これは、子育ての場面に限る話ではないと感じました。

XEN7615022_TP_V.jpg

話は変わりますが、リーダーとして成長していくにあたり、
欠かせない経験は、自ら「意思決定」をする経験だと思います。

私自身の経験を振り返っても、2011年に事業撤退の意思決定をする際、
会社の業績を優先するのか、培ってきた価値観を優先するのか、
葛藤の末の決断でした。

結果、徹底的に業績のシミュレーションを繰り返したのち、
会社売上が2割下がることを覚悟の上、事業撤退を進めました。
当時は非常に苦しかったですが、その時の経験が
今の自分に活きていると思います。

多摩大学大学院教授の田坂広志氏は、
「意志決定とは、決して割り切るということではない。」
と言います。
「割り切り」とは「答えの無い問い」を前にしたときに、
自らの「弱さ」に流されることを指しています。
例えば、「会社が不況なのだから、犠牲がでるのはやむを得ない」
といったようなことです。

割り切るのではなく、意思決定をすること。
意思決定の軸を自分自身で見つめること。

リーダーとしての成長においても、人としての成長においても、
欠かせないことなのだと思います。

最近、皆さんはどのような意思決定をしましたか?

自分自身がした意思決定は何かと思いを馳せてみると
一日一日、一瞬一瞬も、意思決定の連続と思うようになってきます。

「今日、一日、何に最も集中し、何を成し遂げようか?」

と問いかけたとき、自分自身が何に時間を費やすかもまた、
意思決定の一つだと感じられます。

今日という一日の使い方においても、割り切るのではなく、
しっかりと自分自身が自覚をした上で、時間を使いたいものです。

冒頭の学生の言った「自分が人に与えている影響を自覚すること」も
割り切ることなく、流されることなく、しっかりと今の自分を
選択することにおいては、意思決定をすることと
相通じるものがあるのではないでしょうか。

何となく時間を費やすのではなく、何となく人と接するのではなく、
しっかりと「今」や「自分」を自覚したうえで、
今日という一日を過ごしたいと思います。

VIEW ALL NEWS

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

03-5213-6888

サービスやセミナー情報、採用に関してお気軽にお問い合わせください。

CONTACT