会社概要
ホーム > 社員コラム > 「感謝」は高度なスキルだった?

「感謝」は高度なスキルだった?

こんにちは。
シェイクの桐山です。

突然ですが、皆さんはいま、「感謝」してますか?
今の環境に、周りの人に、自分の人生に。

こういうと何やら怪しい感じですし、
「感謝しろ」というように聞こえるかもしれませんが、

私自身がこの問いを自分にするときは、
自分の状態をチェックするときです。

状態が良いと、
「ただ生きていて、この瞬間を感じられること」だけで感謝できますが、
状態が悪いと、とてもそんなことは考えられません。

そして、それは日々変動する。

忙しい毎日です。


20190829.jpg


先日、長期的な育成体系を導入し新人・若手の育成に力を入れている企業様に
インタビューをさせていただいた際に、定期的に時間をかけけてじっくり振り返り研修を
入れたことで、若手の方の他責が減ったというお話を伺いました。

もちろん、研修だけの効果ではないと思いますが、
明らかに、数年前と比較して、若手の方々の内省力が高まったというのです。

ようは、何か不満があったとしても、「今、自分ができることは何か?」に目を向け、
自分自身を客観視する力が付いたというお話でした。

リーダーシップの考え方で、最近「オーセンティック・リーダーシップ」という考え方がありますが、
私自身、これを自分を客観視する能力だととらえています。

「オーセンティック・リーダーシップ」とは、
自分を偽ることなく、自分の価値観・自分の正しいと思っていることに沿って動く
「自分らしさ」を大事にしたリーダーシップ論です。

一方で、この「自分らしさ」に沿って動くことというのは本当に難しいことだと思います。
自分が正しいと思うことも、ただ誰かに影響を受けそう思っただけのことかもしれません。

また、自分の価値観だと思っていたことも、自分を突き詰めたとき、
自分がそれを本当に望んでいたことかどうかは、わかりません。

自分を俯瞰して客観的に見なければ、
「自分らしさ」もわからないという意味で、
本当に高度なスキルだと思います。

他責が減った若手社員の方々も、
ただ純粋に「感謝」できるかどうかも、
この高度なスキルを使った結果なのかもしれません。

ということで、この高度なスキルを身につけ
日々、感謝できるようになりたい今日この頃です。



2019.08.28
一覧に戻る


トップへ