会社概要
ホーム > 社員コラム > 自然界の不思議と組織

自然界の不思議と組織

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。

自然界には多くの不思議があります。

例えば、雪の結晶。綺麗な六角形をしています。様々な形の結晶がありますが、
五角形や八角形の結晶はなく、必ず六角形です。1mmにも満たないほど
小さいにもかかわらず、見事な美しさです。

魚の魚群も不思議の一つです。魚群にはリーダーは存在しませんが、
全体として非常に統制の取れた行動をします。個々の魚が、仲間の魚との距離、
速度を把握して追従していると考えられています。

他には、アリジゴクの巣穴。蟻を捕獲するために、アリジゴクが作りますが
その傾斜角は、必ず37度になっています。それ以上でもそれ以下でも
蟻は捕まえられず、砂崩れが起こるギリギリの角度で作られています。

このような現象は「複雑系」と呼ばれ、そのメカニズムについて、

アメリカのサンタフェ研究所をはじめ、多くの研究がなされています。
その成果が「創発」や「自己組織化」といったキーワードで表されています。

人工的な力によって作るものではなく、自然が作り出す神秘。

余計な力が入っていない、ありのままの美しさが感じられます。

さて、々人間が作り出している組織はどうでしょうか?

多くの組織は、ピラミッドの形をしています。
ピラミッドと言えば、王墓として作られたという説が一般的ですが、
人工的につくられたものの象徴と言ってもいいでしょう。

人間が活動する集団としての組織は、どのような形が最も
自然体なのでしょうか。
自然界で起こる不思議のように、我々が、人工的な影響を受けずに
組織化するとしたら、どのような組織になるのでしょうか。

そのような形の組織こそが、人がありのままの自然な状態で、
活動出来る形なのかもしれません。

064sayaka425_TP_V.jpg

これまで、人がピラミッド型の組織を構築してきたのは、
「情報の伝達」と「指示による統制」の必要性が背景にあったのでは
ないかと思います。

最も多くの情報を持ったトップ層が判断を下し、ピラミッドの下の階層に
伝達、指示をしていくことが最も効果的だったのでしょう。

今や時代は変わりました。

ITの進化によって、誰もが等しく情報を手に入れることが
出来るようになりました。複雑さが増すにつれ、トップのみが
正しい判断が出来る時代でもなくなりました。

このようなITの進化に伴い、きっと組織は、人工的なピラミッドから、
自然が作り出すような、創発的で自己組織的な組織に変わっていくでしょう。

その時の組織はピラミッドではなく、どのような形をしているでしょうか?

それは、雪の結晶の六角形のように、チームは6名で構成し、
その結晶が集まった組織かもしれません。

もしくは、魚群のように指示命令する人がおらず、
一人一人が自律的に行動し、他者と常に情報交換をしながら、
最適な全体を構成する組織かもしれません。

はたまた、アリジゴクのように、トップが最下層でどっしりと見守り、
一人一人は、調和された最適な形を構成する組織かもしれません。

ピラミッド型組織に変わり、結晶型組織、魚群型組織、アリジゴク型組織
といったような組織が一般的になる時代が来るかもしれませんね。




吉田実プロフィール
■吉田 実 プロフィール
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。
通信機器の営業、携帯電話を活用した新規事業立ち上げに携る。
2003年シェイク入社。営業責任者、人材育成事業の立上げ拡大に従事。
2009年9月より代表取締役社長に就任。
2011年1月に書籍『「新・ぶら下がり社員」症候群』を出版。
管理職手前からのリーダーシップ育成に特に注力しており、ファシリテーターとしての実績は新入社員から若手・中堅社員、管理職層まで多岐に渡り、育成に携わった人数は12,000人を超える。

2018.05.22
一覧に戻る


トップへ