会社概要
ホーム > 人事勉強会 > 「組織力を最大化するための管理職の役割とは?」

「組織力を最大化するための管理職の役割とは?」

-忙しさに埋もれる管理職を救う方法-

【2017年 新春セミナー 経営・人事の皆様向け

昨今、技術革新やダイバーシティ化がますます加速する中、
数年前と比べ、多種多様な価値観、能力を持った人材をマネジメントする機会も増え、
さらに、仕事がより高度化、複雑化する中で、管理職に求められる能力は、
年々難易度が高くなっています。

一方、現場の管理職は、部門目標の責任を負い、プレイングマネジャーとしての
役割も期待される中、多忙を極めています。部下育成や組織のマネジメントに
時間を割く余裕はないというのが管理職の本音だと思います。

そんな厳しい現状に置かれた管理職に対して、
・管理職向けの施策は昔と変わっていない
・様々な施策を打つものの、有効な打ち手が見つからない
といったことに、悩んでいる人事様は多いのではないのでしょうか。

では、管理職に対して、本当に手を打つべきポイントはどこなのでしょうか?

現場で思考錯誤している人事様からは、最近、以下のような声を多く耳にします。
「管理職はとにかく忙しい。少しでも楽になる施策も打ってあげたい」
「チーム力を高める、そんな支援ができれば...」
「個(管理職自身)の能力向上ではなく、組織力向上の有効な施策はあるか」

つまり、忙しい管理職を楽にしつつ、組織力の向上を多くの企業が求めています。

このような背景の中、管理職個人の能力開発も大事ですが、
組織開発の観点で、メンバーの能力を最大限引き出し、組織力を向上させることが、
これからの時代、有効な打ち手となるのではないでしょうか。

極端な話、管理職個人の能力が高まっても、組織力が高まるとは限りません。
管理職個人の能力向上ではなく、組織力向上のための施策が必要なのです。

今回の新春セミナーでは、組織力を最大化し成果を出すために必要な管理職の役割に
ついて、グループワークを通じ、皆様と共に考えていきたいと思っています。

本セミナーを、貴社の管理職向け施策にお役立ていただければと思いますので、
ぜひ、奮ってご参加ください。

多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。


【ファシリテーター】
株式会社シェイク 代表取締役副社長
リーダーシップ・レディネス・ラボ 研究所長
上林 周平(かんばやし しゅうへい)

DSC_2839.jpg

大阪大学人間科学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。
官公庁向けのBPRコンサルティング、独立行政法人の民営化戦略立案、
大規模システム開発・導入プロジェクトなどに従事。
2002年、シェイク入社。企業研修事業の立ち上げを実施。
その後、 商品開発責任者として、新入社員~管理職までの研修プログラム開発に従事。
2003年より、新入社員~管理職に対する研修ファシリテーターも務める。
2009年より、経営企画部門、管理部門の統括を担当。
2014年より、Leadership Development事業の統括最終責任者。
2015年より、代表取締役副社長に就任。
米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー


開催概要】

《日時》
2017年126日(木)
受付開始:14:00 開始:14:30 (17:00終了予定)

《会場》
ベルサール神保町 Room1
住所:東京都千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館3F
交通:「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
   「九段下駅」5番出口徒歩4分(半蔵門線・新宿線)
   「神保町駅」A2出口徒歩5分(半蔵門線・新宿線・三田線)
   「水道橋駅」A2出口徒歩11分(三田線)
   「水道橋駅」西口出口徒歩8分(JR線)
地図:http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_jimbocho/access.html


《定員》

50名(お申込先着順)
※ お席に限りがございます。お早めにお申し込みください。


2016.12.12
一覧に戻る


トップへ