セミナー

【ウェビナー】2021年度新入社員半年後レポートを読み解く~2021年の新入社員入社半年後のリアルと今後の育成のあり方~【開催日時:11月26日(金)10:00~10:40/12月1日(水)10:00~10:40】

–多様な働き方、コミュニケーション、価値観が当たり前となった新たな時代の新入社員が求める育成とは?–

9月下旬~10月上旬に2021年度新入社員を対象に実施した
アンケートから分析・考察を行い作成したレポートをもとに、
入社後約半年時点の新入社員のリアルと効果的な育成施策について、ウェビナーを開催いたします。
(レポートのダウンロードはこちら

コロナ禍での育成となった2020年度の新入社員、
昨年10月ごろに人事の方へ課題意識を伺うと以下のような声が聞こえてきました。

●組織へのエンゲージメントの低下
●社会人としてのマインド・スタンスの欠如
●新入社員同士のつながりが弱く、悩みがあっても相談相手がいない

当時は入社後半年間の大部分をリモートワークやオンライン研修、
E-learning等の自己学習で過ごし、受け入れ側(現場)の育成体制も経験も十分ではないまま、
新入社員も現場も双方が手探りの中での半年間だったように思います。

さて、2021年度、新入社員の多くはオンラインで授業を受け、
就職活動の中でもオンライン面接を経験し、その中でコミュニケーション、
セルフマネジメントするという素地を作りつつあります。

現場もリモートワークやコミュニケーション機会の減少といった課題に対して、
試行錯誤し、ある一定の育成や組織運営の方向性を見出したうえで、迎え入れていただいたと思います。

もちろんすべてが完ぺきではなく、まだまだ悩む点は双方多く、改善すべき点も多いと思います。

今回シェイクでは、入社後半年の新入社員に焦点を当て、
●どのようなモチベーション状況にあるのか?
●彼らが入社後感じたギャップはどのようなものか?
●上記を踏まえて、今後どのような育成をすべきか?
●来年度の新入社員研修、育成において何を留意すべきか?
といった観点を探るために、アンケート調査をしております。

新入社員の傾向は年々変化し、働き方や組織のあり方の過渡期にある今、
2021年度の現状を振り返りながら、2021年度の新入社員へのフォローの仕方、
および2022年度の新人育成に向けて今後の新たなテーマを模索していきたいと思います。

【今回のウェビナーのポイント】
2021年度入社後半年の新入社員の状況可視化と今後の育成のあり方とは
今後育成側として、どのようなテーマをもって、かかわっていくのかを考える

《ウェビナー概要》
日時:①11月26日(金)10:00~10:40《終了しました》   
   ②12月01日(水)10:00~10:40
    ※同内容で2回開催いたします
・お申し込み:https://form.k3r.jp/shake/20211126or20211201webinar
・会場:オンライン開催
※「zoom」(インストール・ご利用ともに無料)というサービスを利用します
※お申込み後、参加用URL等をメールにて送付しますので、
事前のご確認をお願いいたします。

VIEW ALL NEWS

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

03-5213-6888

サービスやセミナー情報、採用に関してお気軽にお問い合わせください。

CONTACT