会社概要
ホーム > 社員コラム > 「背景を理解する」ということ

「背景を理解する」ということ

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。

先日、シェイクの若手社員から一つのお願いをされました。

「吉田さん、"経営者の悩み"というテーマで、一時間ほど、
 若手社員に話をしてもらえませんか?」と。

理由を聞くと、経営者が何を考えているかを知ることで
自分たちの視野を広げたい、とのことでした。

当日、著名な経営者の言葉を引用しながら、経営者が感じていること、
悩んでいることを整理して伝えました。
更に、自分自身、約9年前、社長になったとき、
どのように自分自身の視点が変わり、どのような葛藤があったかを
生々しく伝えました。

それぞれに、感じることや学ぶことがあったようで、
このような学び合いの機会を作ってくれた若手社員に感謝するとともに、
立場の違う人が理解し合う重要性を改めて気づかされました。

uhgyftdrsed_TP_V.jpg

さて、会社において、

「なぜ、上司は明確に意思決定をしないのだろう?」
「なぜ、部下は主体的に動かないのだろう?」

といったように、相手に対して不平、不満の気持ちを
抱くといったようなことが発生しがちです。

育ってきた環境も違えば、経験してきたことも違うので、
相手の事が分からないのは当然で、
ましてや、組織においては、役割も違えば、働いている年数も
違いますから、理解し合うのは難しいものです。

最近、ある社員から、「教えてもらっていないから出来ません」という
言葉を聞きました。

聞いた瞬間、「そんなの、教えてもらう前に、
自分から教えてもらいに行くべきだろう」と
嘆く気持ちがよぎりました。

私が、人間関係において、失敗しているときは、
結局、相手を知ろうとする努力をする前に、
自分の考えを押し付けてしまっているのかもしれません。

"嘆く、その前に"

相手に対して嘆く気持ちが出てきたら、まずは、
自分から相手を知りに行こうとすることが大切ですね。

冒頭で、紹介した若手社員は、自ら、経営者の背景を
知ろうとしてくれました。

私はそのことに大いに感動したのですが、
自分自身は、「教えてもらっていないから出来ません」と言ってきた
社員の背景をじっくり聞いていませんでした。

まずは、今日、その人の背景を聞いてみようと思います。

もしかすると、「教えてもらっていないから出来ない」という
言葉の裏に、「誰にも相談できずに悩んでいる」「孤立している」
といったような背景があるかもしれません。

自ら、相手の背景を知りに行くことの大切さ
気づかせてくれた機会でした。



吉田実プロフィール
■吉田 実 プロフィール
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。
通信機器の営業、携帯電話を活用した新規事業立ち上げに携る。
2003年シェイク入社。営業責任者、人材育成事業の立上げ拡大に従事。
2009年9月より代表取締役社長に就任。
2011年1月に書籍『「新・ぶら下がり社員」症候群』を出版。
管理職手前からのリーダーシップ育成に特に注力しており、ファシリテーターとしての実績は新入社員から若手・中堅社員、管理職層まで多岐に渡り、育成に携わった人数は12,000人を超える。

2018.06.21
一覧に戻る


トップへ