会社概要
ホーム > 社員コラム > 「そう願わなあきまへんなぁ」

「そう願わなあきまへんなぁ」

こんにちは。シェイクの吉田です。

私が尊敬する経営者を2人挙げると、「松下幸之助」氏と、「稲盛和夫」氏です。

経営で迷ったときにいつも立ち戻るのが松下氏の本。
経営の原点に立ち戻ることが出来ます。
稲盛氏は、現在85歳ですが、これまで何度も講演を聞き、
その哲学から多くを学んでいます。

松下氏と稲盛氏。実は、この2人が出会ったときのエピソードがあります。

稲盛氏がまだ、京セラを立ち上げて間もない若い経営者だった頃。
松下氏の講演に聴講者として稲盛氏が参加しました。

そこで、松下氏は、有名な「ダム経営」の話をします。
ダム経営とは、「灌漑に備えてダムに水を貯めるように、
不況に備えて、会社にお金を蓄えておかねばならない」といった話です。

その講演で、聴講者の一人が、松下氏に質問をしました。

「ダムに水を貯めるように、会社にお金を蓄えることが大事なのはわかった。
でも、我々、中小企業の経営者は、それが出来なくて困っているのだ。
どうすれば、それが出来るのか、その方法を教えてもらえませんか?」と。

会場には、やり方を教えてもらわないと話にならないと考える人が多く
「そうだ、そうだ」という雰囲気だったようです。

松下氏は、しばらく考えたのちに、ぼそっと次のようにつぶやきました。

「そう願わなあきまへんなぁ」と。

「満月を背に(フォトモンタージュ)満月を背に(フォトモンタージュ)」のフリー写真素材を拡大

その答えにならない回答に会場中には失笑が広がったそうです。

その時の聴講者の一人に、稲盛氏がいました。
そして、稲盛氏は、この回答を聞いたときに、体に電流が走った
というエピソードです。

稲盛氏が捉えた、松下氏が伝えたかったことは、
「本当に心の底から、ダム経営をしたいと願っていますか?
 本気でそう思っていたら、やり方など自然と見つかるものですよ」と。

「強く願う」ということ。

もちろん、強く願ったら、願ったことの全てが叶うということはありません。

でも、願わないと、その可能性すら生まれない。
強く願えば、その可能性が高まることは確実です。

皆さんが「願う」ことで生まれる可能性は何でしょうか?

「人の目の輝きの可能性」

私が願う可能性です。

目を見たらその人がイキイキと生きているか、
生きてないかが一目で分かります。

誰もが持っている、イキイキと生きる権利。
目が輝きながら生きることが出来る可能性。

そのような可能性が広がっていくことを願って、
2018年も歩みを進めたいと思います。

皆さんは、2018年に向けて、どのようなことを「願い」ますか?



吉田実プロフィール
■吉田 実 プロフィール
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。
通信機器の営業、携帯電話を活用した新規事業立ち上げに携る。
2003年シェイク入社。営業責任者、人材育成事業の立上げ拡大に従事。
2009年9月より代表取締役社長に就任。
2011年1月に書籍『「新・ぶら下がり社員」症候群』を出版。
管理職手前からのリーダーシップ育成に特に注力しており、ファシリテーターとしての実績は新入社員から若手・中堅社員、管理職層まで多岐に渡り、育成に携わった人数は12,000人を超える。

2017.12.21
一覧に戻る


トップへ