会社概要
ホーム > 社員コラム > 新入社員をどのように育てるべきか

新入社員をどのように育てるべきか

こんにちは。シェイクの吉田です。

4月、お客様の人事責任者と新入社員の育成について
話す機会がありました。

「御社の新入社員は素直で真面目な人が揃っていますね」

とお伝えすると、その方がおっしゃったのが、

「本当は、もっとアホを採用したいのですよ。 
今の当社の役員も、昔はみんなアホばっかりで、
 まともに研修など受けていた人などいないですよと。

与えられたことをこなすよりも、変化することが重視される時代。
固定概念を打ち破ることが出来る「型破り」な人材を
企業が求めている動きが加速しているのかもしれません。

----------------------------------------------------------------

多くの会社で、企業が新入社員に伝えていることで、
「主体性を発揮する」というメッセージがあります。

人から言われて行動するのではなく、自ら自発的に行動することが
「成果」や「成長」に繋がることより、
新入社員に「主体性を発揮すること」を求めます。

その結果、研修において「積極的な挙手による発言」が増え、
「多くの質問が出る」状況が生まれます。
このような研修風景を見ると、新入社員が主体性を発揮し、
研修がうまくっているように見えますが、果たして、そうでしょうか?

「主体的に行動することを求めた結果の主体性は主体性なのか?」

このような「しつけられた主体性」とでも言える状況が起きているのが
現状ではないかと思います。

ある消費財メーカー様の新入社員研修で、通常、中堅社員に実施する
シミュレーション形式のプログラムを実施する機会がありました。

中堅社員に実施する研修ですので、難しいのではないかと想定していたのですが、
結果的に、今まで、中堅社員に実施している際には見たこともない、
独創的なアイデアやアウトプットが見られたのです。

その状況を見て感じたことは、
「実は、新入社員が持っている創造性や主体性を、研修や現場での育成で
奪っていないだろうか?」
ということです。

よかれと思って実施していることが、実は、社会人としての枠組みに
はめていたり、本来持っている新入社員の独創性や発想を、
奪うことになっていたりしないだろうか? と。

もちろん、マナーやルールは大事ですし、型を教えることは大切です。
主体性を発揮することの重要性も伝えていかなければなりません。

私が、今年の新人研修を経て、感じたことは、
「私たちは、新入社員をどのように育てるべきか?」
という問いと、しっかり向き合うことの必要性です。

時代の変化や、会社の変化、人の特性の変化も考えあわせながら、
問い続けることが大切だと感じました。

改めて、

「皆さんの会社では、新入社員をどのように育てるべきですか?」

5a_s.jpg



吉田実プロフィール
■吉田 実 プロフィール
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。
通信機器の営業、携帯電話を活用した新規事業立ち上げに携る。
2003年シェイク入社。営業責任者、人材育成事業の立上げ拡大に従事。
2009年9月より代表取締役社長に就任。
2011年1月に書籍『「新・ぶら下がり社員」症候群』を出版。
管理職手前からのリーダーシップ育成に特に注力しており、ファシリテーターとしての実績は新入社員から若手・中堅社員、管理職層まで多岐に渡り、育成に携わった人数は12,000人を超える。

2017.05.25
一覧に戻る


トップへ