会社概要
ホーム > 社員コラム > 社長コラム

社長コラム

吉田実プロフィール
■吉田 実 プロフィール
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。
通信機器の営業、携帯電話を活用した新規事業立ち上げに携る。
2003年シェイク入社。営業責任者、人材育成事業の立上げ拡大に従事。
2009年9月より代表取締役社長に就任。
2011年1月に書籍『「新・ぶら下がり社員」症候群』を出版。
管理職手前からのリーダーシップ育成に特に注力しており、ファシリテーターとしての実績は新入社員から若手・中堅社員、管理職層まで多岐に渡り、育成に携わった人数は12,000人を超える。

新入社員研修による"マイナス効果"?

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田実です。 先日、人事の方と「新入社員研修で、何を教えるべきか」について議論する機会がありました。 これまで、マナーやビジネススキルの「型」を教えてきているものの、現場からは、「基本がなっていない、研修で何を教えているのか」といった不満の声が人事に伝わってきており、新
2015.11.27  社長コラム
続きを読む

「ジブンゴト化の範囲」

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田実です。 今回のコラムで、私が扱いたいテーマは、「ジブンゴト化の範囲」についてです。 「あなたの担当している業務は何ですか?」と聞かれたら、何と答えるでしょうか? 営業部門であれば、商品を販売して売上を上げること、開発部門であれば、新商品を開発すること、経理部門であ

「研修の目的」とは何か?

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田実です。 私は、日々、企業研修のお手伝いをさせて頂いていますが、今回は、改めて「研修の目的」について考えてみたいと思います。 「研修の目的」とは何でしょうか? 新たな知識を身につける場合もあれば、受講者の職場での行動を変えることが目的の場合もあるでしょう。 研修の効
2015.10.23  社長コラム
続きを読む

次のステージに向けたオフィス移転

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田実です。 10月13日、シェイクは本社を池尻大橋から麹町に移転しました。 13日の朝、全社員が新オフィスに集まり、次のステージに向けて我々自身が成長していくことに対し、心を新たにしました。 関係者の皆さまから、メッセージやお花、観葉植物など、心温まるお祝いを頂きまし
2015.10.16  社長コラム
続きを読む

リーダーシップ開発に必要なこと

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田実です。 シェイクは8月末で第16期の活動を終え、9月より、第17期の活動をスタートしました。ここまで会社を発展することが出来たのも、多くの方々に支えられてきたおかげです。改めて、感謝申し上げます。 私が社長になって6年が経過しました。この6年間を振り返ると、リーマ
2015.09.25  社長コラム
続きを読む

シェイク「お客様特別感謝会」の講演概要

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田実です。 前回のコラムでは7月31日に実施させて頂いた「感謝会」で感じたことを書きましたが、今回は、講演でお伝えさせて頂いた内容を纏めます。 講演パートでは、まず、「リーダーシップ3.0 -カリスマから支援者へ」というテーマでTHS経営組織研究所の小杉俊哉様にご講演
2015.08.19  社長コラム
続きを読む

シェイク「お客様特別感謝会」での感謝

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田実です。 2015年7月31日に、弊社とお取り引きをさせて頂いている企業様を対象に、日ごろの感謝をお伝えする機会として「お客様特別感謝会」を開催させて頂きました。 お世話になっているお客様、68社117名の方にお集まり頂きました。新卒採用を兼務されているお客様は繁忙
2015.08.10  社長コラム
続きを読む

人材育成における「成長」とは何か?

人材育成に携わっている人にとっての本質的な"問い"があります。それは、 「成長とは何か?」 という問い。 私自身、これまで多くの人の「成長」を支援すべく、人材育成に取り組んできて、見えてきたことがあります。それは、上司が言う「成長」と、経営者や人事担当者が言う「成長」が往々にして違うということです。
2015.08.06  社長コラム
続きを読む

ATD 「説得のマネジメント」から「共感のマネジメント」へ。

今回のコラムで取り上げるテーマは「ストーリーテリング」です。 今年のATD2015では、ストーリーテリングに関する多くのセッションがありました。例えば、次のようなセッションです。 「戦略的ストーリーテリングを使用したタレント開発」「効果的なストーリーテリングのための5つのステップ」「ビジュアル・スト
2015.07.24  社長コラム
続きを読む

ATD 世界の「パフォーマンスマネジメント」の潮流は
日本古来のマネジメント?!

前回のコラムでは、人材開発の国際会議ATD2015に参加して感じた潮流をお伝えさせて頂きましたが、今回は、その中で、特に印象に残ったキーワードについて書きたいと思います。それは、「パフォーマンスマネジメント」です。人事評価において人の能力を、S/A/B/Cなどのレーティング(評価段階付け)で評価し
2015.06.30  社長コラム
続きを読む


トップへ