会社概要
ホーム > 社員コラム > 社長コラム

社長コラム

吉田実プロフィール
■吉田 実 プロフィール
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。
通信機器の営業、携帯電話を活用した新規事業立ち上げに携る。
2003年シェイク入社。営業責任者、人材育成事業の立上げ拡大に従事。
2009年9月より代表取締役社長に就任。
2011年1月に書籍『「新・ぶら下がり社員」症候群』を出版。
管理職手前からのリーダーシップ育成に特に注力しており、ファシリテーターとしての実績は新入社員から若手・中堅社員、管理職層まで多岐に渡り、育成に携わった人数は12,000人を超える。

新入社員をどのように育てるべきか

こんにちは。シェイクの吉田です。 4月、お客様の人事責任者と新入社員の育成について話す機会がありました。 「御社の新入社員は素直で真面目な人が揃っていますね」 とお伝えすると、その方がおっしゃったのが、 「本当は、もっとアホを採用したいのですよ。 今の当社の役員も、昔はみんなアホばっかりで、 まとも
2017.05.25  社長コラム
続きを読む

「1対n」の育成

こんにちは。シェイクの吉田です。 シェイクには、4月に5名の新入社員が入社しました。5名が同時に入社するのは、創業以来初のことで、とても活気づいています。 そのような中、新たな取り組みを始めました。それは、社員全員がメンターとして、新入社員のうちの一人を担当するというもの。 社員が30名程度の会社で
2017.04.27  社長コラム
続きを読む

「仕事観」を考える

こんにちは。シェイクの吉田です。 最近、感動して思わず涙を流す出来事がありました。 お客様の改善活動の社内発表会に参加させて頂き、約20チームが発表したのですが、そのうちの一つのチームで高校生が発表したグループがありました。会社の物流拠点でアルバイトとして働いている生徒の発表です。 このチームの発表
2017.03.23  社長コラム
続きを読む

「メッセージを育てる」

こんにちは。シェイクの吉田です。 4月に新入社員を迎えるにあたり、オリエンテーションや研修の準備を始めている人事の方もいらっしゃると思います。 実際、これまで新入社員にメッセージを伝えた際に、 「うまく伝えたつもりなのに、どうも新人に響いていないようだ」 といった経験をしたことがある人も多いのではな
2017.02.23  社長コラム
続きを読む

「パフォーマンスマネジメントの先にあるもの」

こんにちは。シェイクの吉田です。 最近の人材開発における重要なテーマとして「パフォーマンスマネジメント」があります。パフォーマンスマネジメントとは、限られた時間と労働力で、パフォーマンスを最大化させるためのマネジメント手法に関する研究や仕組みです。 パフォーマンスマネジメントの見直しの一環として、特
2017.01.26  社長コラム
続きを読む

2016年を振り返って

こんにちは。シェイクの吉田です。 「VUCA(ブーカ)」という言葉は聞かれたことがあるでしょうか?不確実性が増していて、何が起きるか分からない時代のことの総称です。 2016年を振り返って、まさに、「VUCA」を感じました。最も、驚いたニュースは、アメリカの大統領選でのトランプ氏の当選。イギリスでは
2016.12.21  社長コラム
続きを読む

お客様からの感謝状

こんにちは。シェイクの吉田です。 先日、嬉しいことがありました。それは、お客様の株式会社KELK様から、感謝状を頂いたことです。 感謝状のタイトルは、「KELKが抱える課題やニーズを的確に反映させた研修の企画・実施によりKELK社員の人材育成に大きく貢献」といったもの。同社の創立50周年の記念イベン
2016.11.25  社長コラム
続きを読む

上司の動かし方

こんにちは。シェイクの吉田です。 デールカーネギーの「人を動かす」は、1937年に書かれた本です。出版から80年経った今も読み継がれているところをみると、「人を動かす」というテーマは、永遠のテーマなのかもしれません。 先日、研修の受講者である中堅社員に聞いてみました。「どうしたら、上司を動かせますか
2016.10.28  社長コラム
続きを読む

リーダーシップを発揮している人の特徴

こんにちは。シェイクの吉田です。 「若いうちから、リーダーシップを発揮することは重要だよね」という意見をよく聞くようになりましたが、実際の若手社員の立場に立つと、結局、何をすればいいか分からない、と感じている人が多いように思います。 リーダーシップを発揮するという行動は、「本当はこうした方がいいんだ
2016.09.30  社長コラム
続きを読む

「皆さんは、今、イキイキしていますか?」

こんにちは。シェイクの吉田です。 シェイクは、2000年の創業以来、イキイキと働く人が一人でも多く増えてほしいという想いのもと、人材育成をしてきました。 どうしたら、人がイキイキと働くことが出来るのか、問えば問うほど、自分たちにも跳ね返り、その奥の深さを感じながらも、少なからず、世の中のイキイキと働
2016.08.25  社長コラム
続きを読む


トップへ