会社概要
ホーム > 社員コラム > 社長コラム

社長コラム

吉田実プロフィール
■吉田 実 プロフィール
大阪大学基礎工学部卒。住友商事株式会社に入社。
通信機器の営業、携帯電話を活用した新規事業立ち上げに携る。
2003年シェイク入社。営業責任者、人材育成事業の立上げ拡大に従事。
2009年9月より代表取締役社長に就任。
2011年1月に書籍『「新・ぶら下がり社員」症候群』を出版。
管理職手前からのリーダーシップ育成に特に注力しており、ファシリテーターとしての実績は新入社員から若手・中堅社員、管理職層まで多岐に渡り、育成に携わった人数は12,000人を超える。

自然界の不思議と組織

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 自然界には多くの不思議があります。 例えば、雪の結晶。綺麗な六角形をしています。様々な形の結晶がありますが、五角形や八角形の結晶はなく、必ず六角形です。1mmにも満たないほど小さいにもかかわらず、見事な美しさです。 魚の魚群も不思議の一つです。魚群にはリーダ
2018.05.22  社長コラム
続きを読む

どうすれば主体性が発揮されるのか

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 新入社員研修において、人事の方から、新入社員の主体性を引き出してほしいとの要望を頂くことがあります。 先日、ある会社の新入社員研修において、主体性発揮を新入社員研修のテーマに掲げていました。 ただ、実際、研修が始まると、自分の意見を自ら発信する人は限られてお
2018.04.26  社長コラム
続きを読む

成長とは何か

こんにちは。シェイクの吉田です。 先日、学生向けに開催された「成長について考える」イベントにコメンテーターとして参加しました。 就職活動をする学生にとっては、就職先が「成長出来る会社かどうか」は気になるテーマ。多くの学生が、就職先として検討している会社が、成長出来る会社かを見極めることに必死な様子で
2018.03.22  社長コラム
続きを読む

君たちはどう生きるか

こんにちは。シェイクの吉田です。 1937年に出版された「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著)の漫画版が発売4カ月にして、100万部を突破したとのことです。 私も読んでみたのですが、生きることに関する深いメッセージが散りばめられていました。例えば、主人公コペル君の叔父さんの言葉で、 「自分の過ちを
2018.02.21  社長コラム
続きを読む

働き方改革の先にあるもの

こんにちは。シェイクの吉田です。 2018年になってからの日経新聞を見ていると 1/6 いつの間にか「仕事熱心」をやめた日本人1/13 日本、教育の意識低く1/13 AI時代の人間の働き方 直観養い誇りある決断を1/15 人生100年 伸ばせ「性格力」 といったように、人工知能(AI)が社会を変えて
2018.01.25  社長コラム
続きを読む

「そう願わなあきまへんなぁ」

こんにちは。シェイクの吉田です。 私が尊敬する経営者を2人挙げると、「松下幸之助」氏と、「稲盛和夫」氏です。 経営で迷ったときにいつも立ち戻るのが松下氏の本。経営の原点に立ち戻ることが出来ます。稲盛氏は、現在85歳ですが、これまで何度も講演を聞き、その哲学から多くを学んでいます。 松下氏と稲盛氏。実
2017.12.21  社長コラム
続きを読む

多様性と経営理念

こんにちは。シェイクの吉田です。 この発言を多様性だと受容すべきだろうか?逸脱だと指導すべきだろうか? 部下や後輩と接する中で、このようなことに悩んだことはないでしょうか? 特に中途採用で入社してきた部下や後輩で、自社の常識にはなかった発言や行動を受容するのか、指導・修正するのかは難しい判断だと思い
2017.11.22  社長コラム
続きを読む

「人から選ばれる企業へ」

こんにちは。シェイクの吉田です。 先日、大手の食品会社に勤める人と話していた際に、3年目の後輩が辞めてしまったという話を聞きました。 辞めてしまったのは学生時代に、NPO活動をしていた女性でリーダシップのある、尖った人材だったと言います。 「食を通じて世の中の人を繋げたい」と思って入社したものの、最
2017.10.26  社長コラム
続きを読む

自己理解を深めるために

こんにちは。シェイクの吉田です。 リーダーシップ開発における大きなテーマの一つに「自己理解」があります。 自分のリーダーシップ課題を真摯に見つめ、本気で自分を変えていこうと決意することが出来れば、リーダーシップ開発の一歩を踏み出したと言えるでしょう。 とは言っても、自分で自分のことを知るのは難しく、
2017.09.21  社長コラム
続きを読む

マネジャーになる前に磨くべきこと

こんにちは。シェイクの吉田です。 マネジャーとしてどちらかを選択する必要があるとしたら、どのような判断をするでしょうか? A:今期の目標達成のために人員リソースを集中せよという上位方針B:部下から提案があった組織活性化に関するプロジェクトの推進 マネジメントを経験した人においては、このように上位から
2017.08.24  社長コラム
続きを読む


トップへ