サービス
ホーム > サービス > 診断・サーベイ

診断・サーベイ survey

btn_go_seichoshindan.jpg btn_go_leadershindan.jpg

sec_line_yoko.jpg


サービス概要

創業以来、研修を通じて、職場で伸び悩む若手社員、あるいは、育成に頭を悩ませているマネージャーなど、10万人以上のビジネスパーソンの方と接してきました。そんな私たちが導き出した一つの結論が"研修だけでは、人は育たない。人は職場でこそ育つ。"なのです。

成長し続ける人と、そうでない人の違いはどこにあるのか?本人に原因がある場合もあれば、職場に成長の阻害要因がある場合もあります。

これまで多くのクライアント様の人材育成に携わる中で、人が成長する職場には『4つの支援』が存在することがわかりました。本サービスを通して、組織における『4つの支援』の状態を調査し、何が人の成長を阻んでいるのかを可視化することで、育成風土の醸成を目指しましょう。

 

活用方法

・組織の人材育成の課題の明確化

・組織全体で共通認識を持った育成風土の醸成

・マネジャー研修において、それぞれの部署の課題を具体的にフィードバック

・部署ごとのメンバーの育成ポイントの明確化

・育成項目との連動


受講の流れ

実績紹介

shindan_img13.jpgshindan_img15.jpg

shindan_img17.jpg

shindan_img18.jpg


こんなお悩みありませんか?

・言われたことはきちんと対応できるのに、イマイチ物足りない社員が多いと感じる。

・わが社の社員たちがリーダーシップを発揮できない本当の原因が把握できていない。

・役職問わず、リーダーシップの意識を醸成させたいが、どうしたらいいか分からない。


リーダーシップレディネスとは?

リーダーシップは、リーダーになってから育成すべきものではない。それが私たちの結論です。日本人は、学校教育の影響もあり、枠をはみ出した行動をする傾向がとても弱いと言えます。一方で、グローバル化という大きな潮流の中で、与えられた役割の枠をはみ出して行動することは、様々な場面で重要視されつつあります。そのギャップを埋めるためにも、私たちは、プレイヤー時代からリーダーとして活躍するために行動することが日本のビジネスパーソンの成長において欠かせない核になると考えます。それが、『リーダーシップレディネス』という考え方です。

リーダーシップレディネスサーベイの特徴

①「プレイヤーとしての確立度」と「リーダーとしての準備度」の両側面を可視化

②"はみ出し"行動における、個人の要因(ブレーキとアクセル)まで掘り下げて分析

③単なる個人結果だけではなく、組織課題まで可視化


サーベイの活用方法と効果

①研修の中で活用し、若手・中堅社員本人に対してアプローチを行い、
 今後の具体的な"はみ出し"行動につなげる。

②リーダーシップの発揮という切り口から組織課題を明確にし、施策立案につなげる。


流れ

①診断設計・・・
 実施の対象社員の決定/社員の情報提供

②受検開始・・・
 メールにて一斉に送信/質問回答時間 20分

③コミュニケーション機会・・・
 研修内で診断結果をフィードバックする。
 人事側から(個人に、または組織に)フィードバックを行う。


btn_go_contact.jpg


関連コラム
トップへ