会社概要
ホーム > 社員コラム

社員コラム column

マネジャーとメンバーの壁の解消

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 皆さんの組織において、マネジャーとメンバー間に壁は発生していないでしょうか? 例えば、マネジャーはメンバーに、自ら主体的に行動すべきだと感じ、メンバーはマネジャーに、方針や指示が曖昧で頼りなさを感じ、お互いに不満を感じているような状態です。 今回は、このマネ
2018.09.27  社長コラム
続きを読む

Z世代を活かす企業

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 先日、シェイクの新入社員の入社5カ月間の成果発表会を実施しました。 OJT期間に課せられたミッションは、「自らの問題意識に基づいた新たな新人研修を開発せよ」 新入社員が設定した研修ゴールは、「仕事の意義と人生の意義を見出しつなぐため、周囲との対話に対して積極
2018.08.21  社長コラム
続きを読む

「自覚」すること

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 先日、学生から興味深い話を聞きました。 自分の母親と、「子育てにおいて最も重要な事は何か」について議論したとのことでした。このような議論をしていること自体が、珍しいことと思いますが、出た結論を聞いて、感心しました。 「親の一つひとつの言動が子供に大きな影響を
2018.07.26  社長コラム
続きを読む

「背景を理解する」ということ

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 先日、シェイクの若手社員から一つのお願いをされました。 「吉田さん、"経営者の悩み"というテーマで、一時間ほど、 若手社員に話をしてもらえませんか?」と。 理由を聞くと、経営者が何を考えているかを知ることで自分たちの視野を広げたい、とのことでした。 当日、著
2018.06.21  社長コラム
続きを読む

自然界の不思議と組織

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 自然界には多くの不思議があります。 例えば、雪の結晶。綺麗な六角形をしています。様々な形の結晶がありますが、五角形や八角形の結晶はなく、必ず六角形です。1mmにも満たないほど小さいにもかかわらず、見事な美しさです。 魚の魚群も不思議の一つです。魚群にはリーダ
2018.05.22  社長コラム
続きを読む

どうすれば主体性が発揮されるのか

皆さん、こんにちは。シェイクの吉田です。 新入社員研修において、人事の方から、新入社員の主体性を引き出してほしいとの要望を頂くことがあります。 先日、ある会社の新入社員研修において、主体性発揮を新入社員研修のテーマに掲げていました。 ただ、実際、研修が始まると、自分の意見を自ら発信する人は限られてお
2018.04.26  社長コラム
続きを読む

成長とは何か

こんにちは。シェイクの吉田です。 先日、学生向けに開催された「成長について考える」イベントにコメンテーターとして参加しました。 就職活動をする学生にとっては、就職先が「成長出来る会社かどうか」は気になるテーマ。多くの学生が、就職先として検討している会社が、成長出来る会社かを見極めることに必死な様子で
2018.03.22  社長コラム
続きを読む

君たちはどう生きるか

こんにちは。シェイクの吉田です。 1937年に出版された「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎著)の漫画版が発売4カ月にして、100万部を突破したとのことです。 私も読んでみたのですが、生きることに関する深いメッセージが散りばめられていました。例えば、主人公コペル君の叔父さんの言葉で、 「自分の過ちを
2018.02.21  社長コラム
続きを読む

働き方改革の先にあるもの

こんにちは。シェイクの吉田です。 2018年になってからの日経新聞を見ていると 1/6 いつの間にか「仕事熱心」をやめた日本人1/13 日本、教育の意識低く1/13 AI時代の人間の働き方 直観養い誇りある決断を1/15 人生100年 伸ばせ「性格力」 といったように、人工知能(AI)が社会を変えて
2018.01.25  社長コラム
続きを読む

「そう願わなあきまへんなぁ」

こんにちは。シェイクの吉田です。 私が尊敬する経営者を2人挙げると、「松下幸之助」氏と、「稲盛和夫」氏です。 経営で迷ったときにいつも立ち戻るのが松下氏の本。経営の原点に立ち戻ることが出来ます。稲盛氏は、現在85歳ですが、これまで何度も講演を聞き、その哲学から多くを学んでいます。 松下氏と稲盛氏。実
2017.12.21  社長コラム
続きを読む


トップへ