会社概要
ホーム > 社員コラム

社員コラム column

家族という組織を検証!末っ子の出現で変化したこと

こんにちは。シェイクの桐山です。 先日、第3子である娘を出産しました。上から、長男(5歳)長女(2歳)次女(0歳)という兄妹構成です。 次女が我が家にやってきて数ヶ月が経ちましたが、人が一人増えるだけで、全ての構造が変わるのが面白く、家族も立派な組織だなと改めて思います。 まずは長男。 今まで、妹で
2017.10.11  シェイクの人々
続きを読む

ママボノでの気づき③ 「強みを活かして、イキイキと働く」

こんにちは、飯島です。 育児休業中に参加した「ママボノ」での経験、気づきを綴っています。 ママボノのプロジェクト終了後、振り返りのワークショップがあったのですが、それは「ママボノでの経験が復職後の仕事にどう活かせるのか?」という観点からの振り返りでした。 (前回のコラムでママボノでの経験と仕事が現在

「自分で決める」ということ

こんにちは。道上です。 先日私は大きな決断を2つしました。10年後に振り返ったとしても大きな出来事になるであろうことです。 一つは仕事のこと。一つはプライベードのこと。 詳しい中身は差し控えますが、私が大切にしたことは「自分で決める」ということです。 皆さんは以下のような経験はありませんか? 「周囲

自己理解を深めるために

こんにちは。シェイクの吉田です。 リーダーシップ開発における大きなテーマの一つに「自己理解」があります。 自分のリーダーシップ課題を真摯に見つめ、本気で自分を変えていこうと決意することが出来れば、リーダーシップ開発の一歩を踏み出したと言えるでしょう。 とは言っても、自分で自分のことを知るのは難しく、
2017.09.21  社長コラム
続きを読む

ママボノでの気づき② 「自分の前提を疑う」

こんにちは、飯島です。 育児休業中に参加した「ママボノ」での経験、気づきを綴っています。 ※前回のコラムはこちら 私がママボノに参加したのは育児休暇に入って10か月ほど経った時のことです。10か月の間、仕事から離れていたので、仕事の勘を取り戻すこともママボノ参加の目的の1つでした。 ママボノは業種、

笑顔の効果

こんにちはシェイクの道上です。 最近、「笑顔の効果」について科学的に証明されてきていますが、様々な効果の中から3つに絞ってお伝えしたいと思います。 ①笑顔は、幸福感を高める②笑顔は、連鎖する③笑顔は、作り笑顔でも効果がある ①笑顔は、幸福感を高める セロトニンという物質名を聞いたことはありますか?セ

今日は何の日?

こんにちはシェイクの道上です。今日は何の日かご存知ですか? 1923年の9月1日の関東大震災にちなんで、「災害への備えを怠らないように」と戒めも込めて制定されています。 そう、9月1日は防災の日です。 30年以内に首都直下型地震、南海トラフ巨大地震が発生する確率は約70%とも言われており、最近では、

マネジャーになる前に磨くべきこと

こんにちは。シェイクの吉田です。 マネジャーとしてどちらかを選択する必要があるとしたら、どのような判断をするでしょうか? A:今期の目標達成のために人員リソースを集中せよという上位方針B:部下から提案があった組織活性化に関するプロジェクトの推進 マネジメントを経験した人においては、このように上位から
2017.08.24  社長コラム
続きを読む

4つのコミュニケーションタイプ(後編)

こんにちは、シェイクの道上です。 前回のコラムでは、ソーシャルスタイル理論を参考にしながら、人間のコミュニケーションタイプが4つに分類されることを紹介しました。 ①リーダータイプ(自己主導的、客観的)②ムードメーカータイプ(自己主導的、感情的)③分析家タイプ(協力的、客観的)④支援者タイプ(協力的、

4つのコミュニケーションタイプ(前編)

こんにちは、シェイクの道上です。皆さん、普段どのようなコミュニケーションの取り方を意識し実践していますか? 本日は、コミュニケーションに関する理論を一つご紹介したいと思います。「ソーシャルスタイル」という理論をご存知でしょうか? ソーシャルスタイル理論は、アメリカの産業心理学者デビッド・メリルが提唱


トップへ